砥部焼 清月窯

作家紹介

野村 千春CHIHARU NOMURA

砥部焼らしさにこだわらない自由な発想で、思わず連れて帰りたくなるような器、ほっこりと日常の癒しになるような器をデザインしています。

1986年
愛媛県西条市生まれ
2010年
第9期 砥部焼陶芸塾入塾
2011年
卒塾後、『きよし窯』に勤務
2019年
和孝と結婚、清月窯へ
自身のブランド『トリネコ屋』を設立

トリネコ屋

ユニークな動物たちをモチーフにした『トリネコ屋』ブランド。自分らしさを大切にしたい方へ、ほんわり個性的な砥部焼のご提案です。

幼い頃はネコが苦手でしたが、老猫「ブーちゃん」の保護をきっかけに一転ネコ好きに。

職場が山に近かったこともあり、興味本位で買った双眼鏡で初めて見たキレンジャクに衝撃を受けて以来、野鳥にも興味を持つようになり、それらが自身のオリジナルブランド『トリネコ屋』のデザインの原点になっています。